限られてる時間


いろんな所から聞こえてくる、
なにかのきっかけ

友達からの報告も
10年前とは変わった環境に

不恰好な事ってないと
逆にそう思った


なんどもあるようフッと軽くなる瞬間


漠然としてた計画が少し動きはじめた。




cdr



nu one


fall in free











7.jpg



ぼんやりと
目が覚める


性格によって
全く別のものになる



潔く見えるのは
そういうことだと


知る事









Ve6.jpg




目の前のフラッシュ

明るさと影

ゆっくりと流れる川の音


一瞬を切り取る



音楽は多種多様。



自分自身






cruse

6へ

ぬかるんだ足元をびちゃびちゃと

全体主義って気持ちの悪い言葉
いまを重ね、
なんとなく思う


その人
その呼吸

自分の吐きかた
難しくない


自分は欠けた人間
これからも

もしかしたら皆も



この人のように生きたい
そんなことは思わない


いろんな聞きかたがあるように

空間を聞く










完璧じゃないこそのダイナミック

粒が
大きい空間に満たされて

目の前で
ずっと見てきた気分になりました。



他人の目はいらない
遠くは思う必要はない


六本木の夜の散歩も
潰れた店も懐かしさを感じた。