赤堤


沖縄料理を食べたあとの
夜の商店街


数件先のアパートに
仮住まいしている先輩

少し歩くだけで足首から冷えた空気が入る


駅が無ければ人も酒場も少ない
どこの駅に飛んでも同じ風景を見てるみたい



bottled up emotionとして
タイトルを考えた



ああいう場所で感じる空気と
この統括的な部分が
すごく近い色に感じて


ここだなって決めたら
そっから頭が離れなくなった。




何時間も無限にある、
夜がはじまりました。











0 Comments

Post a comment