カウントは20。

素晴らしいのが完成した。
人間味溢れるような次のステップ。


よく分からないけど
少し遠いように感じたのは、
それだけ色んな発想が浮かんできたからだと思う。


始めの出発から、
一瞬で出来た音の固まりは、


簡単にすら説明出来ないけど
色と生活で捉えてたら、汲み取ってくれる。


何も知らない人が作った、
経験みたいな呪縛みたいなものが
あまり意味が無かった

やっぱり綺麗なものが変に見える。

0 Comments

Post a comment