MPCを使っていた頃、曲として考えていた

違和感は

常に付きまとう。


好きだったトラックメーカーの音とは違う
事をやりたくなった


アイディアを散りばめて、なるべく多くのバリエーションを、
結局一つの日記みたいなものしか生まれなかった

ライブで試行錯誤しながら
そこから一から作り始めた

SPに変わった。



友達にも、言いたいことは何も伝わらない。

ずっとそう。




0 Comments

Post a comment