archive: 2017年01月  2/2

No image

昨年、深く関わってくれた皆様とても感謝しています。ありがとうございました。2016年あの音の範囲、拡げて掴むことを繰り返したとき、その偏りをみるそれによって1人での活動が多くなったと思います。柔軟性をもって行きたいとも思います。今年もどうぞ宜しくお願いします。...

  •  0
  •  0